各分野のノウハウを相互連携した実務的なコンサルティングを提供します!

当社の専門分野

事業承継プログラム
『後継者から見た事業承継』

一般的に言われている事業承継のほとんどは、金融及び物的資産に関するものであり、
弁護士、税理士などがそのサポートを行っています。
それは重要なことですが、実際に事業を承継するという中心事項が欠落していては、継続に赤信号がついてしまします。
弊社が特殊なノウハウを持っているのは従来の事業承継の内容では埋められない分野です。
創業者の厳しさ・思考傾向・行動などを、後継者が承継することは無理に等しい事項です。
現代の人的管理、環境、思考、周囲の視線、などは後継者として大変複雑かつ重い作業になっています。
時間もある程度はかかるので、時間的余裕を持ち取り組む必要があります。
事業承継は、その理論のみは教えることが出来ても、実践部分では大変難しい分野でもあります。
近年は、欧米型の考えを導入し、企業はそこそこ成長させたら売却するM&Aの形態をとることも多くなってきました。
しかし、企業価値をより向上させるにはやはり、経営がしっかりと構築されている必要があります。

特に、老舗企業は経営環境のみならず古くからの「ファン」にも
神経を磨り減らさなくてはなりません。
また番頭さんの育成に頭が痛い事でしょう。
しかしながら、後継者や番頭さんの育成は、しっかりした、
長期計画を持たなくては達成不可能です。
将来を見据えて、計画的な当社の後継者育成のノウハウにご期待ください。

特 徴

POINT1

何が問題なのかの分析を行い、具体的に事業承継における障害は何かを明確化してまいります。

POINT2

取り組みを行うためのステップと時間計画を策定します。また、各事項を「味方」と「敵」に分け環境も考慮しながら厳重に計画を構築してまいります。

POINT3

計画を履行したらステップやタスクごとに必ず確認を行い、修正を繰り返します。
(PDCAサイクルを実行)期間ごとに総括を行いながら最終到達点を目指します。

■後継者育成

『後継者の問題点と環境の問題点解決のために』

後継者は後継者としての考えと役割があります。
先代とのギャップを埋め、後継者の実務的承継をスムースに行うノウハウを惜しみなく投入します。
経理・法務と合わせれば本当の意味での事業承継が完成します。

期 間

3か月を基本1クールとして設定  内容・期間についてはヒヤリングにて設計を行います。

内 容
パート1.現行経営者と後継指名者のギャップ分析と今後の計画
事業環境における問題解決、経営3要素の悩み解決、思考差異、バトンタッチのタイミング、その他問題点
パート2.事業承継実務計画(一部税理士または公認会計士の参加があります)
承継計画、組織計画、財務管理、情報セキュリティ管理、顧客計画、銀行対策、その他
パート3. 計画の実行
決め事は必ず実行し、都度工程を確認修正し進めてまいります。

■後番頭養成/幹部社員養成

『番頭さんの有能さで企業の伸びは決まる』

古臭い言葉ですが、経営者には番頭さんの存在は必要不可欠なものです。
番頭さんの存在は経営では大変重要であり、将来の企業継続にも大きな影響を及ぼします。
番頭さん育成は経営者の最大の課題ですが、避けていては企業の将来が見えなくなる可能性があります。

期 間

2ヶ月を1クールとして設定   内容・期間についてはヒヤリングにて設計を行います。

内 容
パート1.番頭さん及び候補者
適任者の人物評価、身内、社内、社外での発掘
パート2.本当の番頭さんの意味と意義と実務
番頭さんとしての人物調査、番頭としての実務とは何か/ビジネスシュミレーション番頭編
パート3.実務投入をし、修正を実施

■ご契約までの流れ

ご要望の確認

最終達成の形を確認

体制等の確認

企業の環境に関して人・モノ・金を中心に分析

ご提案・お見積り

確認事項をベースにお見積りと方向付けについての企画提案を行います。

ご契約

期間を決めて、ご契約

まずはお気軽に
ご相談ください。

弊社サービスの選定やお見積りなど、多数の実績でお客様のお悩みにお応えします。まずはお気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせ

03-6459-8148

平日9:00~18:00/全国対応

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ